作業中の男性

外壁塗装で綺麗な外観にしよう~マイホーム美観大作戦~

家の壁のバリア

屋根

長く住んでる家っていうのは、新築当時は派手派手しかった色も落ち着いて、何だか味が出るものでございますが、しかしその「味」、考え方ひとつではリフォームの必要性アリな、外壁塗装の劣化かもしれませんよ。外壁塗装っていうのはその名の通り、壁の塗装のことですけど、ある程度時間が経ったら劣化してしまうのは、これはもう、モノたる宿命とも言えましょう。


というわけで、塗装が劣化したならその塗替えリフォームをしなきゃならないっていうんで、塗装屋さんに連絡するわけです。何でそんなに焦ってるかっていうと、壁の塗装っていうのは見過ごされがちだけど、家というものが成り立つには結構、というかかなり重要なもののひとつなんですね。

というのもね、もし外壁に塗装がしてなかったらと考えるとね、もちろん何よりも先に、家の外見が悪くなりますわね、塗装の劣化っていうのはすなわち、色が落ちるってことですから。でもそれだけなら何も、塗装屋にすぐ電話ってことにはならなそうな感じじゃないですか。実は、ぜひとも急いで塗装屋さんに電話しなきゃならない理由は、ちゃあんとあるんです。なぜかというと、それは外壁塗装というものが、家の見た目を良くするだけじゃなくって、家を頑丈にするバリアの役割を果たしてるからなんです。

外壁塗装の塗替えリフォームをするべきタイミングを知るのにはいちばん代表的な、「今やって」のサインです。色あせているのも、指に色が移ってしまうのも、壁に張ってある塗膜、つまりバリアのパワーが弱まっていることを示してるのです。